効果のある女性育毛剤で抜け毛や薄毛を素早く予防

女性

健康な髪を生やす為に

鏡を見る女性

更年期とホルモンの乱れ

人間の頭皮には10万本もの髪の毛が生えてると言われています。頭皮には無数の毛穴があり、一つの毛穴からは二、三本の髪の毛が生えているのが正常な状態です。しかし、何らかのことが原因で髪の毛の抜ける量が増え、抜けた後に健康な髪の毛が生えてこなくなることがあります。これが一般的に薄毛と呼ばれるものです。薄毛になる原因は人それぞれですが、更年期に入った女性に多いのがホルモンバランスの乱れによる薄毛です。更年期に入ると、女性の体内は男性ホルモンの量が増え、女性ホルモンの量が減ります。男性ホルモンの量が増えると、髪の毛の抜ける量が増えるだけではなく、髪の毛自体が細くなってしまいます。髪が細くなってしまうと、ふんわりとしていた部分にボリュームを感じられなくなったり、おでこの生え際が目立つようになってしまいます。これが更年期の女性に多い薄毛の特徴です。こういう場合は、女性ホルモンと同じ働きをするエストロゲンを積極的に摂取したり、女性用の育毛剤を使用することで、生え際が目立たなくなり、健康でしっかりした髪が生えてくるようになります。

発毛剤と育毛剤の違い

薄毛を改善するには、ホルモンバランスの乱れを整えてあげるだけではなく、発毛剤や育毛剤を使用するのも効果的です。発毛剤とは、髪が抜けた毛穴から新しい髪の毛を発毛させる効果があるもののことを言います。育毛剤とは、髪が抜け落ちるのを防ぐのと同時に、産毛なども含めて今ある髪の毛を健康な髪に育ててくれる効果があるものを言います。脱毛を防ぐだけではなく、健康な髪を育ててくれるため、一番効果が得られやすいのが育毛剤と言われています。女性は敏感肌の人が多いため、女性用の育毛剤も自然のもので出来ているものが多く、着色料や香料が一切含まれていないものも沢山販売されています。敏感肌の人でもつけられるようにできていますが、人によって合う合わないがあるため、頭皮につける前に腕でパッチテストを行ったり、返金保証のある育毛剤を使用するようにしましょう。